スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フランス・ニース旅行記 その2(モナコ・エズ)
今回も旅行ブログとなります。
残念ながらまたまた猫は出てきませんので、
それでもいいよ~、とおっしゃってくれる方は
以下からお願いしますm( __ __ )m
一週間前の話となってしまいますが、
先週の土曜日は教授のお供でモナコとエズに行ってきました。

私は6週間ほどニースに滞在するのですが、
教授のニース滞在はわずか二泊四日。
そのその滞在日数の中でモナコ行きは決定事項だったらしく、
「一緒にどう?」と誘われたため、一緒に行ってきました

なぜか朝の7時にニース駅に集合との命がくだりました。
(ちなみにモナコまでは電車で約20分ほどです)

フランスについてからは時差ぼけで早寝早起き
(夜8時頃に就寝、朝3-4時に起床)が続いていたので
朝早いのは特に苦ではなかったのですが、
なぜにそんなにも早い時間なのか…
でも、「ぜひモナコに!!」と言っていたので、
きっと行きたいところがあるのだろうと自分を納得させました

モナコ行きの電車はそこそこ頻繁にでていたので
さほど待たずにに出発することができました

先ほども書きましたが、時差ぼけでものすごく早寝をしてしまったので
電車の中で「地球の歩き方 南仏プロヴァンス」で遅まきながら予習?開始。

途中の駅で「Eze」と見えたので、もしやと調べたら
鷹の巣村として有名なエズ村が途中にあることに気づき
教授に説明すると、「じゃあ帰りに寄ってみよう」
ということに決定しました。

そんなこんなのうちにあっという間にモナコに到着。
電車で違う国へ行けて、パスポートもいらない(ユーロ間のため)、
というのはやはり島国出身者にはとても不思議な感覚です。

駅から出て、どこに行くかを聞いたところ、
「○○さんはどこ行きたいの?」

…えーっと、先生がモナコに行きたいといったんじゃぁ。。。

とりあえず出た出口から近かった大公宮殿、旧市街のある丘の上へ。

↓この丘の上に行くために
CIMG2199.jpg
↑この下のほうに見える坂を上っていきました

上りきるとすぐに広場と大公宮殿があります
CIMG2215.jpg
写真がちょっと暗いのは曇っているのではなく、
まだ日が昇りきっていないためです。
この時点で朝の8時ころだったと思いますが、
コートダジュールの緯度は網走と同じくらいらしく、
日の出が遅く、日没が早いのです。

海を望める高台には砲台&砲丸の山がありました
CIMG2208.jpg
ちなみに砲丸はすべて接着されているため動かせません
おっして空がやや赤いのは夕焼けではなく朝焼けです

砲台横から見たモナコの風景
CIMG2209.jpg
海と山が近い!!
ほとんどの建物が山の斜面に建っていました

こちらはかのグレース・ケリーとレーニエ3世が結婚式を挙げたモナコ大聖堂
CIMG2220.jpg
現在改装中?らしく、残念ながら中には入れませんでした

↓大聖堂の中を改装しているご主人(作業員さん)を
待ち続けるわんこ。
CIMG2232.jpg
いくら呼びかけてもチラリとも向いてくれませんでした…

旧市街もいろいろと歩いたのですが、
朝早いのと、シーズンオフだったためか
ガイド誌に載っていたお店は閉まっていました。
改装工事中のところもあったので、帰国までの間
もしまた来れるようだったら来てみようと思います

そしてせっかく来たのだから、と海洋博物館/水族館へ
ここは世界でも屈指の海洋研究所だそうです
建物の前にはタコのオブジェがどーんと。
CIMG2228.jpg
建物自体も年月を感じさせるとても重厚なものでしたが、
他の建物との距離の関係上、
写真に収められませんでした。残念。

地価部分が水族館でした。
日本の一般的な水族館ほどの規模はないものの
なかなかの個性派揃いでした
CIMG224.jpg

ニモも発見!!
CIMG2247.jpg

そして二階の開けた空間には大きなタコが
CIMG2268.jpg
この写真ではうまく収められませんでしたが、
足の部分にペットボトルやゴミが絡み付いていて、
おそらく環境問題を提起してるのだろうな、と思いました

それにしても外のオブジェといい、この巨大タコといい、
この博物館はタコが何らかのテーマなのでしょうか??
調べたのですがわかりませんでした…

資料館のようなところには
かつての潜水服が展示されていたのですが、
本当にコレ↓を着て潜っていたのでしょうか…
CIMG2265.jpg
その他、いろいろな海洋生物の標本が瓶詰めになっていたり
鯨の骨が天井から釣られたりしていました

そして展望台からはイタリアまで見えてるんじゃないのー、
という絶景が堪能できました
(実際にどこまでが見えていたのかは不明です)
CIMG2263.jpg
しかしなかなかうまく写真には収められず…
観光に行き、風景を撮るたびに
自分のセンスのなさを痛感します

この後、歴史博物館を見てから新市街へと降りていきました

教授はカジノに行きたい!と言っていたのですが、
オープンは午後の二時。
(この時点で12時過ぎくらいだったような…)

時間つぶしのために新市街をうろうろし、
お昼時間、ということで、
ピザをテイクアウトして海岸で食べることに。
CIMG2276.jpg
カモメがやってきたので投げてやると(本当は良くないかもしれませんが)
大きいのが二匹で順番にゲットし、
小さいのは周りをうろうろしながら抗議していました

それにしても、モナコの港で、
地中海の風と太陽を浴びながら
なぜに私は教授と岸壁でピザを食べているんだろう…
と思ってしまいました…

そうこうしてるうちにちょうどよく二時になったので
カジノへ行くことに。

我々が行ったグランカジノというところは、
パリのオペラ座を作ったガルニエによって建てられたそうで
とても豪奢なつくりをしていたのですが
ちょっと疲れていたのかうっかり写真を撮り忘れてしまいました
wikipediaでガルニエを検索したらちょうど載っていたので
こちらを参照してみてください→

グランカジノは入場料10ユーロとパスポートの提示が必要でした
モナコ国籍の人はカジノで遊んではいけないらしいので
そのためのチェックなのでしょうか??

さすがに開いてすぐに入ったので人はさほどいませんでしたが、
大人の社交場の雰囲気が漂っていました。
ちなみに私は賭けるだけのお金も持ち合わせていないので
少々覗き見をし、端っこのイスで休憩しながら
場違いな空気をひしひしと味わっていました
(ちなみによれよれのコート、ジーンズ、スニーカーでも中には入れました)

あれだけカジノ行きを熱望していた教授ですが、
特に遊ぶわけでもなく、賭けている人たちを覗いて終了。
遊ばないのかを聞いたら、「ルールがよくわからない」
「僕はこういうことはしません」と。
いろいろと突っ込みたいところはあったのですが、
そういうわけで30分ほどで外に出ることに。

この後、特に観光するところはなかったので
朝言っていたエズへ行くことに。

エズの駅はモナコとニースのちょうど中間地点辺り。
ちょっぴり寂しい無人駅でした

駅から少し歩くと、
「エズの村。こちら→」的な看板があったので
坂を上り始めること数分後。
石段から石そのものになり、明らかに山道に。
ただ、途中ですれ違う人がいたので道は間違ってはいないはず。
でも、何かがおかしい。。。

どうやら、「ニーチェの道」といわれる道を
頑張って登山していたようです。
そういえば、「地球の歩き方」で"下りがオススメ"
と書いてたなぁ、と思いつつ、
前を歩く教授(40代後半)においてかれまいと必死で登りました
ほぼ無言でひたすら登ること約1時間、
なんとかエズの村についた頃には(その前から)
二人とも汗だくで死にそうになってました

確かにエズの村はとても素敵なところでした。
ただ、それを堪能するほどの体力は二人とも残っておらず…

とりあえず写真を一枚。
CIMG2284.jpg
空も山も海も近く、空と海との境界線が
かなり際どいことになってました

そして冬は閉じているはずの熱帯庭園が開いていたのですが
残念ながらちょうどタイムリミット(16:30)に。
ただ、結婚式の出席者的な人々が中から出てきたので
もしかしたらその日は彼らに特別にあけていたのかも知れません

そして帰りの電車が17:22ということで
来た道を急いでまた降りることに。
「ニース行きのバスもありますよー」と提案したのですが、
時間も場所もわからない、ということで却下されました

下りは確かに上りよりも時間はかかりませんでしたが、
足場が悪いので上りよりも慎重にならないとかなり危険でした
「ニーチェさんは下りでは思考にはふけれなかったはず」
とのお言葉を教授より頂きました。
そして山道で電気などまったくないので、
暗くなったらアウトです。

そんな下り道でなんとか撮った写真です
CIMG2290.jpg
夕日が山に反射していてきれいだなー、と思ったのですが、
やはり写真だけを見てもよくわからないことになってしまいました

電車の時間には間に合いました。
ちょっと自分をほめたかったです。
(ちなみにニース~エズの村入り口まではバスで約20分だそうです)

今回学んだことは、
「観光はきちんと計画して行くこと」
でした

モナコ、エズ共にすばらしいところだったので、
こちらに滞在中に時間があれば
改めてまた行ってみたいと思います。

スポンサーサイト
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【2011/01/24 07:46】 飼い主の旅行編 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<フランス・ニース旅行記 その3(日常生活編) | ホーム | フランス・ニース旅行記 その1(出国~ニース着)>>
comments
--すごいすごい--
choroさーん
とっても興味深く見れました
モナコですか~
F1でしか見たことない・・・
いいなーヨーロッパに1度は行ってみたいです
まだまだ色々紹介してくださいね
【2011/01/24 10:13】 URL | ヒトミンチョ #bBmFigmc[ 編集] |
--お返事です♪--
☆ヒトミンチョさん☆
字が多くてごめんなさい<(_ _)>
時差ボケもやっと治まったので
これからは頑張って更新していこうと思います(^-^)ノ
【2011/01/25 07:28】 URL | choro #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hinatosora.blog95.fc2.com/tb.php/502-19464009
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。