スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フランス・ニース旅行記 その6(シミエ公園)
今回も旅行ブログとなります。
今回は猫さまは出てきませんので、
それでもいいよ~、とおっしゃってくれる方は
以下からお願いしますm( __ __ )m
☆★☆
ずいぶん日が空いてしまいましたが、
1/23(日)はニース市内の「シミエ公園」に行って参りました
この公園内にはマティス美術館、考古学博物館、
シミエ・フランシスコ会修道院があります。

調べてみると私が宿泊しているところから
運よくバスで一本で行けることが判明。

天気もよかったのでバスを待っている間、
バス停から滞在先を撮影してみました
CIMG2393.jpg
木でちょっと隠れてしまいましたが、こんな感じのところです。
ロゴがでっかく描いてあり、ちょっとかわいらしい感じ

こんな感じで写真を撮ったりしつつバスを待っていたのですが、
時間を過ぎてもバスが来ない…(´・ω・`)
まぁ、日曜の午前中だし多少は遅れるよね、
と思いつつ待っていたのですが、30分待ってもやっぱり来ない…
目的地に向かうバスは1時間に1本のはずだから
これだけ待ってれば1本くらい来てもいいはずなのに。。。

しょうがないので道を一本挟んだ別のバス停から行き、
乗り継いで行くルートに変更。
こちらはニース駅に行くバスなので
多少遅れようが10-15分間隔で次々と来るのです

そしてこちらのバス停でバスを待つこと5分ほど。
道路の向こう側で目的のバスがブーン…と走り去っていきました…
あと、5分辛抱していれば…

気を取り直してニース駅行きのバスに乗り
乗り換え途中のバス停のすぐ近くで
なんとも荘厳な造りの建物を発見!
CIMG2395_20110201061647.jpg
帰ってから調べてみたのですが、何の建物かはわかりませんでした
街中にふいにこんな建物が出てくるのはさすがフランスです

そしてやっとシミエ地区域のバスにのったのですが
うっかり目的地のひとつ前のバス停で降りてしまい、
シミエ公園に向かって歩いているとまたまたすごい建物が。。。
CIMG2397.jpg
建っている場所が坂なのと、周りの建物で
(それとカメラマンの腕の悪さで)写真ではうまく伝わりませんが
ものすごーく、大きいです
後ほど調べてみると、この建物は「レジナ・オテル」
かつてマティスがアトリエとして使用していホテルで、
今はアパルトマンだそうです
(一般人が住むところには見えませんが…)

そしてやっとシミエ公園に到着!!
ローマ時代の円形闘技場跡の近くの入り口から入りました
CIMG2402.jpg
今は立ち入り禁止ですが、毎年7月には
ここでジャズフェスティバルが開かれるそうです

そしてすぐ近くには可愛らしいピンクの建物のマティス美術館
(入館料:無料!)
CIMG2405.jpg
残念ながら逆光となってしまいましたが…
中は撮影禁止のため、外観のみです
この美術館にはマティスの作品だけでなく、
晩年まで愛用していた日用品や
葛飾北斎、日本の漫画なども展示してあり
ほとんど予備知識のない私でも十分に楽しめました
(「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」の仏語ver.が展示されていたのが
個人的には一番気になりました…)

美術館を出たところで小腹がすいてきたので
公園内の売店?でお昼休憩をすることに
CIMG2403.jpg
手前の切れている部分は齧ったのではなく、
使い捨てのナイフとフォークで切った部分です
一口食べてから写真を撮っていない事に気づきました…
名前はわかりませんが、上にも中にもチーズたっぷりで
中にはハムも入っていました
注文するとお兄さんがトースターで焼いてくれたので
食べるときには熱々です(^-^)
それにしてもこんな屋台でもナイフとフォークが付くなんて…
と、変なところで感心してしまいました

先ほど円形闘技場について書きましたが、
この公園内には古代ローマ時代の遺跡があります
その遺跡からの発掘品を、マティス美術館のすぐ裏にある
考古学博物館(入場料無料)で展示しています

また、この博物館を通って外へ出ると
古代ローマの大浴場跡を散策することができます
CIMG2408.jpg
ここをぐるーっと巡ることができます
実際に遺跡に触れることも可能です(たぶん)

そして遺跡側から見たマティス美術館
CIMG2410.jpg
実は美術館の中から、あそこにはどうやって行けるのだろう、
と考えていたのでした

そして一通り見終わり、博物館の中に戻ろうとしたときに
怪しげなプレート発見!!
CIMG2406.jpg
これはいわゆる観光地によくある…
でも、お父さんしか写真を撮ってはいけないのでしょうか??

規模は小さい博物館ですが、このような感じで
フランス語が読めなくても十分に楽しむことはできました

この公園内にはたくさんのオリーブの木が植えられています
CIMG2425.jpg
この日は快晴の日曜日と言うこともあり、
多くの家族連れや近所の人々が公園内で休日を過ごしていました

そして公園内を横切ってシミエ・フランシスコ会修道院へ
木々の間、緩やかな階段を抜けると修道院が見えてきます
CIMG2411_20110201063007.jpg

こちらが正面から見た修道会
CIMG2413.jpg

CIMG2415.jpg
中はこのような感じでした
教会に行くたび、壁画や天井の絵が何の場面かわからず
聖書を勉強しておけばよかった、といつも思います
(仏教もよく知りませんが…)

この修道院は庭園も有名です
CIMG2416.jpg
春~初夏にかけては見事なバラ園になるそうです

CIMG2421.jpg

また、高台にあるためニースを見渡せる景色もすばらしいです
CIMG2423.jpg
前日に行った城跡のある丘が向かい側に見え、
海も臨むことができました

シミエ公園、天気の良いには本当にオススメです!

☆★☆
いつもより早めに帰れた今日、
いつもと一本違う道を歩いていて気が付きました
CIMG2464.jpg
…シミエ修道院、近くない?

先日はニース市街から歩いて帰ってくることもできたので
これからは徒歩でいろいろと散策してみようと思います
スポンサーサイト
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【2011/02/05 08:22】 飼い主の旅行編 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<フランス・ニース旅行記 その7(シャガール美術館、マセナ美術館) | ホーム | フランス・ニース旅行記 その5(旧市街・プロムナード・デザングレ、城跡のある丘)>>
comments
--あらら・・・--
意外と近かったんですね~
でも初めて見る私もとっても新鮮です
だって日本とは全然違います
実物は感動ものですか~
私遺跡とか見るの大好きです
いつかは行きたいと思っていますが
なかなかね~チャンスが・・・
まだまだ見せてくださいね
楽しみに待ってます!
【2011/02/05 09:53】 URL | ヒトミンチョ #bBmFigmc[ 編集] |
--お返事です♪--
☆ヒトミンチョさん☆
そうなんです、実はものすごーく、近かったのです。。。
私も、実は絵画よりも遺跡や博物館の方が興味があったり。。。
説明がなくても十分に伝わってきますよね!
(もしろん絵画もすばらしいですが)
写真ではなかなか色々なすばらしさを伝え切れませんが
自分のためにも、頑張って記録に残しておこうと思います
励ましのお言葉、ありがとうございます!!
【2011/02/08 05:33】 URL | choro #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hinatosora.blog95.fc2.com/tb.php/507-c545fabf
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。