スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フランス・ニース旅行記 その8(アンティーブ)
今回も旅行ブログとなります。
今回は猫さまは出てきませんので、
それでもいいよ~、とおっしゃってくれる方は
以下からお願いしますm(_ _)m 
☆★☆
2/5(土)は、電車に乗ってアンティーブに行ってきました
ニースからは国鉄の急行で20分程、鈍行でも40分ほどで着きます
ここは日本人には特にピカソ美術館のある町として知られているそうです

アンティーブの駅からピカソ美術館(グリマルディ城)までは
街の中を通っていきました
CIMG2466.jpg
旧市街の辺りで少々迷うも素敵な街並みを眺めながら
海に向かえば大丈夫~、とのんびり歩きました

こちらは海辺にあったピカソの「アンティーブの夜釣り」
CIMG2469.jpg

こちらではカモメたちが皆で休憩中
CIMG2470.jpg
相変わらず海がきれいです

お昼少し前にアンティーブに着いたのですが、
冬季(9/16-6/14)はピカソ美術館は
12-14時はお昼休みとなるため
ちょっとぶらぶらすることに。

正午は少し回っていましたが
プロバンス市場(マルシェ)はまだまだ賑わっていました
チーズやパンを味見させてもらいながらうろうろ…
欲しいもの(食物)はたくさんあったのですが
今買っても…というわけで、結局何も買わずに終了

アンティーブはヨットハーバーが有名でもあるらしいので
そちらの港にも行ってみる事に
CIMG2495.jpg
小さめのから、豪華客船的なものまで盛り沢山でした
モナコにもすごく立派なヨットがたくさんありましたが
こちらは数が比ではありません
しかし、ヨットのある生活とはいったいどんなものやら。。。

そんなかんじで眺めていると
ヨットの向こう側に何やら発見
CIMG2496.jpg
あれがおそらく16世紀の城塞だろう、と
行ってみる事にしました

…が、歩いても歩いてもたどり着けず。
ヨットが多すぎて距離がつかめませんでした…
近いように見えて、湾を挟んでいるので相当歩きます
時間つぶしに歩いて行くような場所ではありません。

そして入り口がわからず、
適当に横の公園っぽい入り口を進んでいくと、
この城塞の周りをぐるっと囲んでいる道に辿り着きました
眺めはなかなかでしたが
明らかに観光客の行く場所ではない気配。。。

戻るのはちょっと悔しかったので
そのまま城塞の周りをぐるっと回ってみると
やっとそれらしき案内の看板を発見!!

進んでいくと手前に黒いモコモコ発見!
あれはもしや・・・
CIMG2499.jpg

CIMG2506.jpg

CIMG2508_20110210080217.jpg
手足としっぽと耳がちょっと短い
黒い野うさぎちゃんでした♪

結構近くまで行っても
それほど遠くには逃げませんでした

さっきから草がガサガサいってたのは
もしやこの子の仲間たちが近くに??
(この子以外は見つけれませんでしたが…)

ここまで来るのに相当疲れていましたが
この子のおかげで少し癒されました

この後、なんとか城塞の入り口に辿り着くも
どうやらガイドが付かないと入場できないらしく
異国の地でガイドさんと2人っきりと言うのもちょっと…
ということで、中には入りませんでした
(ちなみに入場料は3ユーロだそうです)

結局往復1時間以上かけて城塞まで行ってきました

そしてやっとピカソ美術館であるグリマルディ城に
CIMG2490.jpg
残念ながら中は撮影禁止。
しかしこの日はなんと入場料無料!
入り口においてあったパンフレットによると、
2月の第一火曜日から日曜日までは無料日らしいです
(11月1日あとすぐの火曜日から日曜日も無料日)
*日本語のパンフレットが置いてありました!

このグリマルディ城は「ピカソ美術館」となっていますが
ピカソの作品があるのは実際にアトリエのあった最上階で、
他の階には、アンティーブに由来する
現代美術アーティストの作品が展示されています

そしてテラスにも多くの作品がありました
CIMG2512_20110209060622.jpg

CIMG2513.jpg

CIMG2514.jpg

CIMG2518_20110209060621.jpg
↑もはやサボテンもオブジェに見えます…

ちょっと残念だったのは、
外国人の20歳前後のグループも来ていたのですが
テラスでタバコを吸っていたこと

もしかしたらテラスは禁煙ゾーンではないのかもですが
ちょっとマナー的にどうなのかな、と
おばちゃん的に思いました

こちらはピカソ美術館のすぐ横にある
アンティーブ大聖堂
CIMG2489_20110209061423.jpg
扉が閉まっていたので中には入れませんでした

Pl. National広場では
骨董市のようなものが開かれていました
CIMG2519_20110209060621.jpg

そしてこの広場に面してペイネ美術館があります
CIMG2520_20110209060940.jpg
美術館、と言うよりは普通のお店や
アパルトメントのようでうっかり通り過ぎてしまいました

中は残念ながら撮影禁止。
入場料は3ユーロです。

美術館の方が親切な方で、
フランス語が話せないことを英語で伝えると
わざわざパンフレットの英語のページを開いて渡してくれました

イラストレーター・漫画家でもある彼の作品は
見ていてとてもおもしろかったです
何かいいお土産があったら買って帰ろうと思ったのですが
お土産コーナーは残念ながらあまり充実していませんでした

この日も天気に恵まれ
観光にはとても気持ちのよい一日でした

スポンサーサイト
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【2011/02/10 08:35】 飼い主の旅行編 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<フランス・ニース旅行記 その9(ビオット) | ホーム | 「ヒナタとソラの写真です」>>
comments
--おおー!--
さすがフランスですね
どこいってもあちこち美術館、博物館が
あるんですね
日本ではちょっと考えられないですね
とってもいい経験ができますね
私だったら一人じゃ怖くて引っこんでそうです
でもやっぱり行ってみるべきですよね
いいチャンスですから

ヨーロッパの建物や街並みとっても好きです

にゃんこはいなくてもうさちゃんで
癒されましたね~
【2011/02/10 09:47】 URL | ヒトミンチョ #bBmFigmc[ 編集] |
--お返事です♪--
☆ヒトミンチョさん☆
大抵の観光地には有名どころの美術館があるんですよね
私も普段はなかなかの腰の重さなのですが
滞在期間は長くても自由に出歩ける土日は
思ったほど多くはないことに気がついて一生懸命出かけてます
次、いつ来れるかわからないので笑

うさぎちゃんは、かなり歩き疲れてたときに
思いがけずの遭遇だったので本当に疲れが飛びました
あんなに近くでうさぎ見たのは
小学校で飼育されていたうさぎ以来かもしれません
【2011/02/18 08:04】 URL | choro #-[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hinatosora.blog95.fc2.com/tb.php/511-e8612c22
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。