スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
フランス・ニース旅行記 その11(ヴァロリス)
今回も旅行ブログとなります。
今回は猫さまは出てきませんので、
それでもいいよ~、とおっしゃってくれる方は
以下からお願いしますm(_ _)m 
2/6(日)は陶芸の町、ヴァロリス(Vallauris)に行ってきました
「地球の歩き方」によると、この町には
カンヌ、もしくはアンティーブからバスで30分ほどで着くらしく、
ニースからはアンティーブのほうが近いけれど、
せっかくだから、とカンヌに行ってみることにしました

↓カンヌに向かう電車の中より
CIMG2539.jpg
この日も相変わらずよいお天気でした。
写っている海はもちろん地中海です

カンヌに着き、バスの時間を確認すると
つい数分前に出てしまった様子。
バスが遅れてるかもしれない!と30分ほど待っても
ヴァロリス行きのバスは現れず…
時刻表の見方が合っていれば、日曜日のこの日は
次のバスはあと1時間半待たないと来ない汗

カンヌで時間を潰すにしても
ちょうど美術館はお昼休みに入っているし、
日曜だからお店はどこも閉まっている。。。
さて困ったもんだ、としばらく
駅とバス停をうろうろしながら悩んでいました

そしてそもそも、
時刻表の見方が合っているか不安だったので、
(月~金、土、日祝と分かれている様に見えました)
時刻表の写真をデジカメで撮り、
カンヌ駅に居た警備員のようなおじさんに
写真を見せながら聞いてみると
「目が悪いから写真が小さすぎて見えない」
「どこに行きたいの?」
と聞き返されてしまったので
ヴァロリスに行きたい旨を告げると、
「カンヌの隣のGolfe-Juan駅からバスが出てるよ」
と丁寧に伝えてくれ、幸い電車も数分後に来るようだったので
ルートを変更することに決定しました
(おじさん、ありがとう!!)

せっかくカンヌに来たので
駅の構内の証拠写真をパチリ
CIMG2544.jpg
カンヌと言うと映画祭で晴れやかなイメージでしたが、
駅前は意外と庶民的な感じで、
駅自体もニースの方が規模は大きかったです

Golfe-Juan駅から少し歩いたところにある
公園横のバス停からバスに乗ること約10分。
ぐるぐると山道を登っていき、
無事にヴァロリスにつくことができました!!
(ちなみにこのバス停からは日曜日でも
一時間に4-5本はバスがありました)
このルートについても「地球の歩き方」に書いてありましたが
ちょっとわかりづらく、読み飛ばしていました

Place de la Liberationというバス停で降り、
バス停横の小さな階段をありるとそこは広場になっていました
CIMG2546.jpg

本当は違う角度で写真を撮りたかったのですが
黒人の若者たちが数グループたまっていて
ビビリの私は彼らにカメラを向けることはできませんでした…
なのでピカソ作の「羊を抱く男」の銅像も
写真に収められず…残念です…

また、この広場には、
国立ピカソ美術館、陶芸博物館、マニエリ美術館が入っている
ヴァロリス城の入り口がありました
(3つの美術館共通で3.25ユーロ)
CIMG2547.jpg

建物を裏側から見ると
ピカソの力強い眼差しに出会います
CIMG2545.jpg
お城…?と言う感じですが…

陶芸博物館にはもちろんピカソの作品もあり、
前日にグラースでピカソの作品を見たばかりだったので
どれがピカソ作か、すぐにわかりました
その他の展示物もなかなか見ごたえがありました

その後は同じ敷地内、元礼拝堂だったと言う
国立ピカソ美術館へ。
CIMG2548.jpg
↑建物の外壁

この美術館は、一点の壁画、
「戦争と平和 La Guerre et la Paix」
のみからなります
元礼拝堂の壁、天井一面に描かれた作品は
建物の雰囲気と併せて何か圧倒的な力を感じました

芸術をしっかり堪能した後は
陶芸の町ならではの何かお土産を、と思い、
メインストリートらしきところにいってみたのですが
CIMG2549.jpg
お店、閉まってました(´・ω・`)
フランスは基本日曜日はお店が休みなのです
観光地ならもしかして、と望みをかけていたのですが
やっぱり、の残念な結果でした

せっかく来たのだから、とぷらぷらしてみると
素敵な街並みを見ることができました
CIMG2551.jpg
↑普通のアパートの外壁。
さすが「陶器の町」♪

CIMG2554.jpg
↑トトロに出てきそう~♪
と思いながら歩いていたのですが
こんなところにもやっぱりわんこのブツが…

このような感じで趣きたっぷりだったのですが
明らかに地元の方からは不審な目で見られ…

苦労してきた割には、
結局1時間程度で町を後にしました

ちなみにヴァロリスにはもう一つ、
「エスパス・ジャン・マレー」という美術館があるのですが
日・月が休刊日のため訪問せず。

というわけで、ヴァロリス訪問は
日曜日以外のほうが良い、という
ちょっと残念な結論の一日でした

スポンサーサイト
↓ランキング参加中。よろしければお帰りの際にぽちっとお願いしますm(_ _)m
ブログランキング にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
【2011/02/21 07:38】 飼い主の旅行編 | トラックバック(0) | コメント(4) |
<<フランス・ニース旅行記 その12(ニースのカーニバル) | ホーム | フランス・ニース旅行記 その10(日常生活編3・バスの乗り方)>>
comments
--そうですね!--
やっぱり日曜日はお休みなんですね
じゃーみんないつ行くんでしょうね
平日は仕事じゃないのかな?
買い物もね

でもさすがにフランスですね
いたるところに芸術が・・・
やっぱり日本とは違いますね
でも不審者にみられたんですか・・・
うふふ笑っちゃいましたよ

そろそろにゃんこ欠乏症では?
【2011/02/21 09:43】 URL | ヒトミンチョ #bBmFigmc[ 編集] |
--お返事です♪--
☆ヒトミンチョさん☆
買い物は平日に済ますのだそうです
(でも大抵7-8時にお店、閉まってますけど…)

フランスの方々は休みは休み、でしっかり休むらしく・・・
日曜日は、主に家族とゆっくり過ごしたり、
日曜大工などをするそうですよ~

他に観光客らしき人はヴァロリス城で見た
白人さんのカップルだけでした
アジア人はまったくいなかったですね~
やっぱり南仏は夏が観光シーズンのようです

にゃんこはとっくに欠乏してます!!
今週末に帰国するのでもう少し!!
帰ったらしっかりモフります
【2011/02/22 07:39】 URL | choro #-[ 編集] |
--承認待ちコメント--
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/05/15 16:23】 | #[ 編集] |
--承認待ちコメント--
このコメントは管理者の承認待ちです
【2015/05/20 19:00】 | #[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://hinatosora.blog95.fc2.com/tb.php/514-2e0c56ea
| ホーム |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。